レゲエコレクター.comレゲエコレクター.com
¥0 (0items)
Pass :
ID :
自動ログイン
トップ特集・オリジナルコンテンツアーティスト名鑑Roland Alphonso
アーティスト特集
Roland Alphonso(ローランド・アルフォンソ)Text by Harry Hawks
数え切れない録音で美しいサックスを聴くことができるスカタライツの重要人物。彼の作品は見落とされがちながらもアレンジャーまたジャマイカ音楽の黎明期を形作った人物としてすべての点において重要である。
Roland Alphonso
出生 1931年1月12日
死没 1998年11月20日
出身地 キューバ ハバナ 
関連アーティスト
スカの誕生においては一般的にサウンド・システム運営者が評価されているが、テナー・サックス奏者のローランド・アルフォンソ(Roland Alphonso)を含むジャマイカン・ジャズの天才とビッグ・バンドのミュージシャンたちにその評価が贈られなければサウンド・マンたちの夢は夢のままで終わってしまっていただろう。サウンド・システム運営者たちの新しく、完全にオリジナルなジャマイカン・ミュージックを誕生させるというファンタジーを現実にしたのはミュージシャンたちの技量の賜物だった。

"チーフ・ミュージシャン"という誇らしげな肩書きを持つローランド・アルフォンソは1931年の1月12日にキューバのハバナで生まれた。ジャマイカ人の母は1933年に故郷へ戻りローランドは北キングストン郊外のストーニー・ヒル実業学校でサックスの演奏を習い始めた。1948年に学校を離れ、エリック・ディーンズ・オーケストラ(Eric Deans Orchestra)ほかさまざまなバンドに参加しジャマイカのホテルで観光客のために演奏をしていた。

50年代の暮れキングストンのサウンド・マンたちは自分たちのリズム&ブルース/シャッフル・スタイルの録音を試み、次に訪れた3年間ローランドは他のアーティストたちと共にクルエット・ジョンソン(Cluett Johnson)のクルーJ・アンド・ヒズ・ブルース・ブラザーズ(Clue J & Blues Blasters)、アリー・キャッツ(Alley Cats)、シティ・スリッカーズ(City Slickers)そしてオーブリー・アダムス・アンド・ザ・デュー・ドロッパーズ(Aubrey Adams and the Dew Droppers)で演奏をしていた。彼はセシル・ロイド(Cecil Lloyd)、ロイド・メイソン(Lloyd Mason)、ドン・ドラモンド(Don Drummond)、ローウェル・モリス(Lowell Morris)らと共に早期のCSドッド(CS Dodd)によるアルバム・プロジェクト、ジャズをベースにし1962年にポート・オー・ジャム(Port-O-Jam)からリリースされた「I Cover The Water Front」にフィーチャーされた。1963年バハマのナッソーでいくらかの時間をすごしジャマイカに帰国した彼はブレントフォード・ロードにコクソンが新しくオープンさせたジャマイカ・レコーディング・スタジオでスタジオ・ワン・オーケストラ(Studio One Orchestra)を引率するメンバーのひとりとなった。同年の暮れキングストンのオデオン・シアターでのミーティングで公式にスカタライツ(Skatalites)が組織された。それはレイ・タウンのハイ・ハット・クラブでの彼ら初となる正式な雇用があったすぐ後のことだった。

スタジオ・ワン発展における鍵となったミュージシャンが関わった初期のLP「Sir Coxson Selects While Roland Alphonso Plays Ska...」には誇らしげなコクソンがローランドの肩に腕を回す姿、ローランドは"ミスター変幻自在。ベース、テナー/バリトン・サックスも演奏できればフルートも吹ける...彼はまた指導的なアレンジャーでもある"と説明されていた。スカタライツはバンドが解散する1965年の夏までの間に数あるコクソンのスカのバックボーンとしての役割を担ってきた。翌年、音楽がロックステディに移行すると共にジャッキー・ミットゥー(Jackie Mittoo)とローランド・アルフォンソはスタジオ・ワンのコクソンのもとに残りブレントフォード・ロードの核となる新たなハウス・バンド、ソウル・ブラザーズ(Soul Brothers)を結成した。

「デューク・リード(Duke Reid)はトミーと、ローランドはコクソンと共に歩み始めた。ローランドはコクソンのお気に入りでありトミーはデューク・リードのお気に入りだった」ロイド・ブリヴェット(Lloyd Brevett)

ローランドはまた数々のプロデューサーたちのために働いたが、彼の最も感動的なソロをフィーチャーしたレスリー・コング(Leslie Kong)のビヴァリーズ(Beverleys)レコーズのB面に吹き込んだロックステディはひどく過小評価されていることは明白だ。トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ(Toots & The Maytals)の'54 46 Was My Number'の裏面に埋もれてしまった陽気な'Dreamland'や、もともとメイタルズの名曲'Struggle'のB面としてリリースされた卓越された'Stream Of Life'などの心に残るレコードは"ローランド・アルフォンソ・アンド・ザ・ビヴァリーズ・オール・スターズ(Roland Alphonso and the Beverleys All Stars"とクレジットされた。1969年、バニー'ストライカー'リーの(Bunny Striker Lee)ためにスリム・スミス(Slim Smith)が録音した'Everybody Needs Love'の感動的なヴァージョンは'One Thousand Tons Of Megaton'へと改名され、"Here comes Roly Soul with one thousand tons of megaton"という出だしで始まるこの曲はジャマイカとイギリスで大きなヒットとなった。

「リリースされたとき、この曲は楽々とヒットしたんだがローランドはソロ・アーティストとして自分の名前がそのレコードにクレジットされていることを信じようとはしなかった...俺と彼は本当にたくさんの曲をやったな...」バニー'ストライカー'リー

1972年ローランドは発作に苦しんだが、著しい回復を見せすぐにパフォーマンスとレコーディングができるまでになった。彼は2枚の名アルバムをスタジオ・ワンからリリースし、この申し分のないであろう2枚のLPにはジャマイカで最も優れたサックス奏者の1人がレゲエ・ミュージックの中でも特に力強いリズムのトラックの上で伸びやかに演奏している。「King Of Sax」はもともとウィンロ(Winro)というレーベルからスリーブなしでリリースされたのだが90年代初頭にはスリーブ付きで収録曲が少し変更された形で再発され、同等の出来映えの「Best Of(Best Of Roland Alphonso)」にはアンセムともいえる 'Jah Shakey'を収録した。スタジオ・ワンに贈ったローランドの演奏はローランド-コラル(Rolando-Coral)とクレジットされた'Something Special'、'Psycho Rhythmic'、'Shelly Belly'、'Feeling Nice'などのすばらしい7インチ・シングルの一連で聴くことができる。他のプロデューサーたちとの活動はすべて特筆するべきでテスファ・マクドナルド(Tesfa McDonald)のために録音し、ソニア・ポッティンジャー(Sonia Pottinger)のハイ・ノート(High Note)からもリリースされた魅力的な'Ethiopian War'はローランド・アルフォンソの名曲のひとつである。

ローランド・アルフォンソは人気がありとても大きな影響力を持った音楽の基盤を形成する中軸を担った人物として1977年に勲位"Order of Distinction"を与えられた。彼は再度結成されたスカタライツと共に1984年から定期的にツアーを回り、いまや伝説となっているロンドンのハンマースミス・パレで行われたアルトン・エリス(Alton Ellis)のロック・ステディ・イースター・サンデー・キャラスへの出演は少しではあったが記憶に残る純粋に感動する出来事だった。ローランド・アルフォンソは1998年11月2日にカリフォルニアで行われたショーのさなか脳卒中に襲われ、2回目の脳卒中で4日間の昏睡状態の後11月20日にロサンジェルスで亡くなった。

彼がレコーディングをしたすべての作品において彼の紳士的な性格が現れ、彼の偉業は疑う余地もない。レゲエを知る、またレゲエを愛するすべての人々はローランド・アルフォンソのサウンドに親近感を覚えることだろう。しかし彼の名前は専門家の中でしか浸透していなく、ジャマイカン・ミュージック創立の父としての称賛を十分に称えられていない。
2020/02/28 掲載
Copyright (C) 2023 Dub Store Sound Inc.
無断転載は固くお断りしております
関連タイトル
Scion Success - #1 Title(Life Music)EX-/SEW/ACI/WOL/stain B:scuff
B side) Roland Alphonso, Papa Life - Skokian
¥1,200
試聴する
Roland Alphonso - Four Corner(Coxsone (69 Press))EX--/SEW/SLD/WOL/stain B:miss credit
エッジに目立つ曇りがあります。
B side) Bunny, Skitter - Mr Chauffer
¥6,280
試聴する
両面全体に目立つ曇りがあります。
B side) Spanishtonians - Suffer Me Not
¥6,280
試聴する
Bunny, Scotty - I'm Gonna Get You(Supreme)VG++/SEW/SLD/WOL/no credit B:blank
B side) Roland Alphonso - Counter Punch
¥14,800
試聴する
B side) Deacons - Men Alone
¥9,800
試聴する
両面全体に目立つ曇りがあります。
B side) Peter Tosh, Rita Marley - It's Only Time
¥7,800
試聴する
B side) Tiny Brown - Close To My Heart
¥22,000
試聴する
>>アーティスト: Roland Alphonsoの全在庫商品を見る