レゲエコレクター.comレゲエコレクター.com
¥0 (0items)
Pass :
ID :
自動ログイン
トップ特集・オリジナルコンテンツ
特集・オリジナルコンテンツ
人気アーティストのプロフィールを代表曲とともに徹底解説!
Text by Harry Hawks
「ジャマイカのルーツ・ミュージックにおける真の英雄の1人である...」スティーヴ・バロウ
2018/01/17 掲載
Text by Harry Hawks
20世紀後半において、そのスタイルがもたらした影響力の強さ、アーティストとしての革新的なスタンスで最も重要な人物の1人とされる。
2018/01/10 掲載
Text by Jeremy Collingwood
プロデューサーからパフォーマーに転身したキース・ハドソンは1970年代にわたり、独特のスタイルを展開し、多くの楽曲を制作。メインストリームで成功することはなかったが多くのリスナーが収集する作品にアルバムやシングル盤が上げられる。42歳という早すぎる死にレゲエは1人の異端者を失った。
2017/12/27 掲載
Text by Harry Hawks
ケン・ブースは素朴で迫力のない楽曲でさえも、心に触れる感情を与えることが出来る的確な才能を持った"ジャマイカを代表する魂のアーティストの1人" である。
2017/12/20 掲載
Text by Harry Hawks
シュガー・マイノットの誠実さは彼が制作した楽曲すべてを通して輝き放ったが、早すぎる死はレゲエの世界に衝撃の波をもたらした。
2017/12/13 掲載
レゲエ音楽必修講座、レーベル編!
ダブ・マスターの異名を持つ、キング・タビーが85年に興したレーベル。その革新的なサウンドは世界中のレゲエファンに再評価されている。
2017/12/06 掲載
Text by Harry Hawks
ジャマイカ初の重要女性レコード・プロデューサーがソニア・ポッティンジャー。彼女の夫、リンドンOポッティンジャーは知る人ぞ知るジャマイカ音楽創設の父だった。
2017/11/15 掲載
コンピュータライズド・デジタル・レゲエの創始者キング・ジャミーが率いるレーベル。
2017/03/22 掲載
BB・シートンによって設立されたレーベル。自身が在籍したゲイラッズのロックステディを始め、上質な初期レゲエ・チューンをリリースした。現在も新録を行うなど積極的な活動を行っている。
2016/08/17 掲載
Text by Harry Hawks
「俺はそこから何も望んでいないにも関わらす、名声を得ることができた。俺は自分のやる仕事から信頼を得たんだ」ウィンストン・ライリー
2016/04/15 掲載
レゲエを語る上で欠かせない定番リズムをご紹介!
マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の同名曲をカバーしたシャインヘッド(Shinehead)の大ヒット・チューン。
2017/01/31 掲載
レゲエ史上最高峰のコーラスグループ、ヘプトーンズの傑作ロックステディ。
2016/04/15 掲載
トロンボーン奏者、ドン・ドラモンドJr.(Don Drummond Jr.)ことヴィンセント・ゴードン(Vincent Gordon)によってスタジオ・ワン(Studio One)から68年のリリース。原曲はベルト・ケンプフェルト(Bert Kaempfert)の'Afrikaan Beat'の主旋律を使ったスカ・チューン。
2015/08/25 掲載
1967年にリリースされたロックステディの傑作。引き締まったマイナー・リズムに乗せたデュエット・チューン。
2015/06/22 掲載
Text by Dub Store Sound Inc.
ラスタ・リヴァイバル・ムーブメントの火付け役となった大ヒット・ワンドロップ・リディム!
2014/10/01 更新